そのヒビ割れが危ない!ガラス交換が必要なサインを見極めよう

ガラス交換の前に熱割れしやすい環境を把握する~対策方法も知る~

勝手にガラスが割れてしまった~熱割れの恐怖~

割れた窓

ガラスにぶつけた覚えがないにも関わらず、勝手にガラスが割れてしまうことがあります。そんな熱割れについて解説していきます。

そもそも熱割れとは?

窓ガラスに直射日光が当たると、その部分が吸熱して高温になり膨張します。しかし、ガラス周辺部分はサッシにはさまれているため日差しが当たらず低音なので膨張することはありません。簡単にいえば、この部分ごとの温度差によりガラスが引っ張られて強度が耐え切れなくなった時に起こるのが「熱割れ」です。普段の生活をしながら熱割れを防ぐことは、難しいでしょう。しかし、断熱ガラスにガラス交換することで膨張を防ぎ、熱割れを予防することは可能です。

熱割れを起こしやすい環境

ガラス
網入りガラスや線入りガラスは間に鉄線が入っていることから温度が上がりやすく、熱割れも起こりやすい種類です。同様に厚いガラスも太陽光の熱吸収率が高くなるので温度が上がりやすくなり、熱割れが起こりやすくなります。どちらも断熱タイプへのガラス交換がおすすめです。
カーテンやブラインド
カーテンやブラインドも日光を反射するため、それによりガラスが吸収する熱が増えます。また、ガラスとカーテンの間に熱がこもりやすくなるため、さらにガラスの温度が上がり熱割れを引き起こしやすくなるのです。断熱タイプへのガラス交換で安全に配慮しましょう。
冷房機器
冷房機器からの風が直接当たる場所に窓があると、外気と室内の温度差が大きくなりやすく熱割れを起こしやすくなるといわれています。それだけでなく、冷たい風の当たる部分とそうでない部分でガラスの温度がまばらになることも熱割れの原因です。冷房機器の設置場所によってはガラス交換を検討しましょう。

ヒビの入ったガラスは早急に交換する

ガラスにヒビが入ったまま放置してはいないでしょうか。いつ割れるかわからない危険と隣り合わせの状態になるので、早めのガラス交換がおすすめです。

ヒビによって耐久性が低下する

ガラスに小さなヒビが入った程度では、まだ大丈夫だろうと思い放置することもあるでしょう。しかし、たとえ小さくてもヒビが入ることで耐久性は低下しているのです。すると当然日光などによる温度差にも耐えられず熱割れを起こしやすくなります。知らずに放置していると、ちょっと触れただけで割れてしまう危険性があるでしょう。安全に暮らすためにも、ガラスにヒビを見つけた時にはできるだけ早いガラス交換が安心でおすすめです。

ガラス修理業者からの一口メモ

作業員

ガラスの温度差で起こりやすい熱割れは、目で見てわかるものではないので軽視しがちですが起こると大変怖いものです。そのため、窓ガラス交換を考える時は熱割れについても併せて検討し、断熱ガラスなどを選ぶようにすると安全な住まいが実現します。また日頃から、窓際に段ボールを積まない、ブラインドをガラスに密着させないなどを心がけ熱割れを予防しましょう。

TOPボタン